2005年03月31日

だらだら


近頃誕生日を迎える友人が多い。
3月末に、昨日ブログにも書いたXちゃんにYちゃん、
4月に入ると、MちゃんにおかぽんにAちゃんに雀鬼さん、
tamaちゃんにWにMさんにYちゃんにもっちゃん。。などなど。

友人のサイトからリンクリンクで見つけたココココ
読んでた。私より1つ年上だったんだ。

そういえば明日はエイプリルフール。
毎年、次の日になって気づき、結局何も気の利いたウソをつけた試しがない。
エイプリールフールで覚えてる事といえば、中学卒業した春の4月1日くらい。
何度かデートした先輩が
「今日エイプリールフールだから、何かウソつこうと思って、
 『別れよう』って言おっかなーと思ったけど、
 そんなこと言ったら本当になりそうだからやめた。」
あれはもう6年も前か…。幼かったなあ。

GRAPEVINEのスロウを聞くと15歳の私が蘇る。
春は進級して久しぶりの桜の花びらが舞う通学路、新しくて清々しい4月の空気。
その人と6月に入ってサヨナラしてから、同い年のあの人を好きになった。

晴海さんは22歳だったようだけど、彼は17歳だった。
2001年の6月、18歳になるはずの誕生日、私は何もせずにいることができず、
残っていたメルアドにお祝いメールを送った。
返事が返って来るはずはなかった。
エラーが戻って来なかったことだけでも驚いた。
1週間ほどして彼の父親から丁寧な返事が来て涙が出た。
実はその彼と彼氏との誕生日が1日違い。年も一緒だしね。
まあただの偶然だろうけど、なんだか不思議な感じがする。
淡い片思い経験なら数あれど、本気で好きだった人なんて片手で数えられるもんね。
こんなことを書いてると彼氏はいやな気分になるかしら。
これまでの私があって、今の私がある。
だから許してね。

オンラインで知り合ったミユきさんという人がいます。
今はもう連絡取れなくなっちゃったんだけど、素敵な人でした。
その人の掲示版か日記である日何気なく書いてあった言葉が今でも離れません。
「大切な人が、今日も当たり前のように目を覚まして1日をすごしているということ
 それだけでどんなに幸せか」
(ちょっと細かいところ変わっちゃってると思うけど)
私は幸せなんだよなあ。彼氏がいて、友人が居て、
離れてしまっても、元気で過ごしてる家族や友人が居て。

Aちゃんの誕生日にはメールを送ろうと思います。
posted by 奏瀬(カナセ) at 22:33| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。